病弱ことりの鳥かご

躁鬱持ち20代の雑記ブログ。メンタルヘルス・コスメ・ニキビ肌改善・日常について。

アフタヌーンティールームに視線恐怖と戦いながら行ってきた。

こんにちは。ことりです。 9月になりましたね。

f:id:flowersugars:20180902202235j:plain アフタヌーンティールーム、ご存知ですか? 雑貨屋のアフタヌーンティーの横に併設してあるカフェレストランです。

季節によって限定メニューやドリンク、デザートが楽しめます。

去年にアフタヌーンティールームで夏限定のドリンクを飲んだときの、美味しさが忘れられずに久々に行ってきました。

約一年ぶりになりますね。

カフェやレストランは、混雑していると緊張してしまい、しんどくなる事も多いのでずっと行ってませんでした。

特に席と席の間が近かったりすると、隣の人たちが気になって(あっちは、もちろん自分の事など見てませんが)

「私、変かな?やつれて見えないかな?」 「私の格好おかしいかな?」 「体調悪いけど、背筋良く座ってなきゃ。元気よく見せなきゃ」

f:id:flowersugars:20180902202510j:plain という思考になって落ち着かないんです。 心療内科の先生に「視線恐怖」の症状があると言われているので、

「人は他人のことなんて意外と見てないよ」

と言い聞かしています。

一時期よりは、落ち着いていますが…でも体調に左右されるので難しいです。 これも克服したいですね。

カフェなんて本来、ゆっくり落ち着く場ですよね〜。私は逆ですね(⌒-⌒; )緊張でガチガチですよ。 肩凝ります。

上にバニラアイスの乗った、チャイティーを注文しました。

すんごく美味しかったです。

緊張して体が辛かったけど、久々のアフタヌーンティールームで嬉しい気持ちでいっぱいでした。

緊張のあまり、イヤホンして音楽を聴いて気を紛らわしたりしながら。でも、なんとか耐えられた。

本当にこの症状は思った以上に、日常生活の活動範囲を狭めますし、苦しいですね。

常に「自分が変に思われたくない」という思いが頭から離れないのです。

ぎゅーっとみんなの視線が自分を圧迫しているような、息の詰まるような感覚です。

うう、苦しい。

でも、また一年後に訪れたいと思います。

その時の私は、どうなっているのだろう? f:id:flowersugars:20180831184706j:plain

のんびり外の景色を見ながら、落ち着いているのだろうか。

甘いチャイティーの味を思い出しながら、そう願ってます。